流れを掴んだら一気に飛躍した方がいい理由

生きていると、自分へ大きな流れが来る時があります。
とんとん拍子に成果が出て、
乗りに乗っているような時期がある。

その流れが来る前は、たいてい数年間の蓄積があるわけです。

ちょうど飛行機が滑走路から飛び立つようなイメージです。
長い滑走から離陸する時、横の直線から曲線に変わります。

飛行機はこの離陸時にエネルギーを消費し、一旦空に出るとあまりエネルギーを使わないと言います。

ビジネスにも同じことが言えると思います。

流れを作るのがいちばん大変なんです。

ただ、流れが出来たら安堵してしまうのも人のさがでしょう。

流れが来ている時に成果に満足してしまい、せっかく飛び立てたのに着陸してしまうことも珍しくありません。

何度も言いますが、流れをつくることは誰にでも可能ですが、そう簡単なことではありません。

人生の中で流れはそうそう訪れない。

だからこそ、流れが来ていると感じた時は、それをとことん活かすようにした方がいいですね。

一回流れを逃すと次の流れは10年後かもしれませんので。
少なくとも長い停滞が続きます。

やはり継続は力なりです。継続しつつ時を伺うのです。

Source: アフィリエイト養成塾