案外多くの人が健康や美容を意識してサプリメントでアセロラの成分を摂っているようです。アセロラの原産地は西インド諸島やアメリカ北西部で、温暖な地域に分布します。直径は2センチ前後、重さは5~8グラムであるアセロラは、サクランボと似たような赤い果実です。3個の種が中に入っているアセロラの表面は少しでこぼことしているようです。熟したらすぐに食べなければならないようで、皮が薄く、収穫から2~3日で傷み始めることが原因です。サプリメントや加工食品として販売されているものが、日本では生の果実よりもたくさん見かけるといいます。加工されたジュースだけではなくサプリメントも人気で、ジュースを乾燥させて粉にしたものや、カプセル型や錠剤のものもあるといいます。アセロラの品種には、酸味が強いバーモントやレーボルクなどの品種と、甘味が強いフロリダスウィートやルビートロピカルなどの品種があります。有名なニチレイのアセロラドリンクは、酸味が強い、独自に開発した品種をブレンドして作っているといいます。希釈の程度がもともと日本のアセロラ飲料は高く、多くの場合酸味を軽くするためにほとんどは加糖されているようです。本当のアセロラ味がわかる商品は、まずないかもしれません。ほとんどのアセロラのサプリメントは、酸味を感じることのないように作られているそうです。
Source: コスパ最強美容塾