重要な対策としてあげられるのが、紫外線を肌になるべくあてないことです。紫外線とは太陽光線に含まれている波長の一つで、強力なエネルギーを持っています。たとえ曇っていても、窓ガラス越しでも肌まで降り注ぐのが、しわの原因になっている紫外線のA波と呼ばれるものです。コラーゲンやエラスチンといった肌の弾力を保つのに有効な成分が、紫外線の影響をうけた肌の乾燥が進むことのよって傷ついてしまいます。深いしわの原因になってしまうこともあるので、そんなに影響はないように見えても、紫外線の肌へのダメージは少しずつ蓄積していくので要注意です。
Source: コラーゲン研究室